アラフィフの平屋生活
My Natural Life
ガレージ

ビルトインガレージの棚

ガレージの整理がまだ全然できていません。

ものが多くて、やはり棚がいるということで壁に棚をつけようかと考えました。

ビルトインガレージの短所の一つですが、壁が自由にできない。

壁は外壁と見なされるようで、壁はサイディングです。

加工がしにくいので嫌だったのですが、HMによるとどうしようもないらしいです。

この壁に棚をつけるわけですが、間柱に固定しないとしっかりした棚がつけれません。

そこで、下地センサーなるものを買ってみました。

シンワ測定 下地センサー Super スーパー 78576

新品価格
¥1,800から
(2019/11/19 14:56時点)

室内の石膏ボードの下地はすごく正確に探し当てるんですが、サイディングだとやはり無理みたいです。エラーが出て全然ダメでした。

そこで、建築中に撮った写真で推定しようかと。

この窓の右スペースに棚をつけようと考えているんですが、窓の右横の柱と2本横の柱を利用しようと考えました。

この間柱に棚柱を固定しようと。

ハイロジック アルミ棚柱 リーフ棚柱 1820mm シルバー 棚柱4本入り(ビス付) 98181

新品価格
¥1,960から
(2019/11/19 15:28時点)

窓のすぐ横はすぐわかりました。

ガッチリと固定できました。

次に、その横ですが、壁の広さと間柱の数から推定して窓の桟から80〜90cm以内に間柱があるだろうと考えて、2mmのドリルで穴を開けました。

すると空振り。中は空洞です。

一気にパニック。

何個か穴を開けたんですが、柱がわからない。

5〜6個開けたんですが全部空振り。

あ〜あ、壁が穴だらけ

写真をよくよく見返すとどうも柱の間隔が等間隔でないような。

青の間隔が微妙に短く見えます。

そこで、さらに写真を探してみると、

一番右端に BF柱が立っています。

柱の間隔は柱の中心線からの等距離で設置しているみたいですね。

納得しました。

建築の基本を知らずに当てずっぽうですると痛い目にあいます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です